育児研究@新米パパの育児メモ

育児研究@新米パパの育児メモ
育児について考え、調べた事を掲載します。
     目次  学習 (5)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL スポンサー広告 コメント : - トラックバック : -
コメントの投稿
新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

トラックバックURL
http://jihanki1.blog71.fc2.com/tb.php/256-d3c04681
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

なぜ家族は殺し合ったのか |佐木 隆三

なぜ家族は殺し合ったのかなぜ家族は殺し合ったのか
佐木 隆三
青春出版社 刊
発売日 2005-06-01
発送可能時期:通常24時間以内に発送
オススメ度:★★★★






ニュートラルではない 2005-10-14
両被告に死刑判決が出たのを機に、新聞記事を時系列に読む機会を得た。小倉少女監禁事件に端を発する報道は、構成に妙のある推理小説以上に不可解で吸引力があり、一気に最後まで読むとともに本著購入の強い動機となった。
本著は作者の主張を声高に述べることは無くノンフィクションに徹しているが、新聞記事からでは想像で埋めることしか出来なかった動機であるとか極限の心理状態であるとか、それらをかなり補うことのできる情報がある。その結果、本著のある意味“主人公”である緒方被告を“被害者”という視点でしか見れなくなってしまった。新聞記事を追うだけではそんなことは決して思わなかったので、ニュートラルに事実を並べた本、とは言えないのかもしれない。
しかし、現代日本でこんなWW2下の収容所生活を精神科医の目で描いたノンフィクション『夜と霧』ばりの極限の心理状態がたやすく出現し得るのだ、ということが恐ろしい。被害に遭った人が特殊だったのではなく、詐欺師である松永被告の、金という目的以外のものに対する冷酷非情さが特殊だったのであり、また、それさえもオレオレ詐欺やらリフォーム詐欺やら弱者から徹底的に金を搾り取る犯罪が多発する現代日本においては普遍的なものでありうるという事実に気付かされ、慄然とした。特に本著では言及してないが、事件の背景には日本特有の社会構造や詐欺の土壌があることも窺わせる。非常に考えさせられる本である。


さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事は2006/6/20に作成しました。

スポンサーサイト

格安!コーセー グランデーヌ コンシーラー

コメントの投稿
新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

トラックバックURL
http://jihanki1.blog71.fc2.com/tb.php/256-d3c04681
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
スポンサードリンク

最新の記事
プロフィール

bombom

Author:bombom
管理人は男ですが、育児というものに積極的に参加したく、調べてまとめた物を掲載していきます。

amazon

ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。